株式会社仲和サービス > 株式会社仲和サービスのスタッフブログ記事一覧 > 不動産投資のメリット&種類

不動産投資のメリット&種類

カテゴリ:不動産投資教科書
不動産投資教科書



不動産投資のメリットとは
毎月の安定収入
不動産投資の運用開始後、入居者の確保ができれば、その入居者が退去するまでの間は、毎月の安定した収入が見込めます。
売却益の可能性
日本経済の成長による地価の上昇などで、購入時よりも物件価値が上がった際に売却し、その差額で収益を得られる可能性もあります。
事業への積極的関与
株式投資などとは異なり、物件の選定、不動産会社の選定、賃貸管理や売却まで、自身が事業に大きく関与することで、収益アップが見込めます。
資金の調達方法
投資する不動産、および、そこから得られる収益を担保に資金の借り入れが可能であるため、自己資金が少なくてもはじめられる場合があります。



知っておきたい不動産投資の種類
メリット
デメリット
区分マンション
(新築•中古)
●ローンが組めた場合は少額で投資ができる。
●建物管理•入居者管理を委託すれば手間がほとんどかからない。
●新築の場合は長期ローンが組める可能性あり。
●単数の居住者のため、空室リスクが高い。
●入居中のオーナーチェンジでは、室内の様子か見られないため良い物件の見極めが難しい。
●融資を使って買い続けられる戸数には限界がある。
一棟マンション
(新築•中古)
●複数の居住者から家賃収入を得るため、長期的に安定性が高い。
●土地という資産を得ることができる。
●新築の場合は長期ローンが組める可能性あり。
●空室リスクや家賃下落リスクがある。
●建物の維持コストがかかる。
●新築は完成するまでに時間がかかる。
●建物の設備修理が高額になるケースもあり良い物件の見極めが難しい。
一棟アパート
(新築•中古)
●複数の居住者から家賃収入を得るため、長期的に安定性が高い。
●土地という資産を得ることができる。
●一棟マンションに比べ投資額等小さい。
●新築の場合は長期ローンが組める可能性あり。
●空室リスクや家賃下落リスクがある。
●中古は建物の維持費がかかりやすい。
●新築の優良物件が市場に少ない。
●中古はローンが組みにくい。
中古戸建て
●ファミリー層の賃貸需要がある。
●一軒家であるため共用部分がなくその管理コストがかからない。
●単数の居住者のため、空室リスクが高い。
●中古であるため修繕時は費用がかかる。
●中古はローンが組みにくい。



重要!!【不動産投資の注意点】
不動産投資で表現される利回りは表面利回りであることが多く、実際は管理費、火災保険料、修繕費などの費用が生じ、実質利回りは表面利回りよりも下回ります。経費等を勘案してキャッシュフローをご確認ください。また、資産価値を考慮し、駅からの距離·周辺環境、築年数、管理体制など状況をよくご確認ください。

≪ 前へ|利回りの計算の仕方   記事一覧   購入編|次へ ≫

トップへ戻る