株式会社仲和サービス >株式会社仲和サービスのスタッフブログ記事一覧

株式会社仲和サービスのスタッフブログ記事一覧

NEW ENTRY  新着おすすめ記事

不動産税金の画像

不動産投資教科書

不動産税金
不動産に関する税金の早見表 原因(対象) 税 率 特 例 申告·納付 印紙税 売買·請負·金消契約書 500万円超1,000万円以下 1万円 不動産の売買·建築請負契約書には軽減特例 印紙の貼付、消印による納付 1,000万円超5,000万円以下 ...

2021-05-24

READ MORE

購入編の画像

不動産投資教科書

購入編
【購入編】 お客様の「買いたい」をトータルにお手伝いします。 戸建住宅やマンションを買いたい、あるいは土地を購入したい・・・不動産の購入をお考えなら、株式会社仲和サービスにご相談ください。ご要望に合わせた物件情報のご提供はもちろん、資金計画から始まって、契約、引越しまで、きっちりサポートさせていただきます。 購入の手続き 購入のご相談:購入をお考えなら、まずご相談を。 住まいの購入をお考えなら、気軽にご相談ください。経験豊富なスタッフが購入の流れや購入条件の絞り込みなど、きめ細やかなサポートをさせていただきます。また、ご購入のための資金計画の立案をお手伝いします。 ...

2021-05-22

READ MORE

不動産投資のメリット&種類の画像

不動産投資教科書

不動産投資のメリット&種類
不動産投資教科書 不動産投資のメリットとは 毎月の安定収入 不動産投資の運用開始後、入居者の確保ができれば、その入居者が退去するまでの間は、毎月の安定した収入が見込めます。 売却益の可能性 日本経済の成長による地価の上昇などで、購入時よりも物件価値が上がった際に売却し、その差額で収益を得られる可能性もあります。 事業への積極的関与 株式投資などとは異なり、物件の選定、不動産会社の選定、賃貸管理や売却まで、自身...

2021-05-18

READ MORE

利回りの計算の仕方の画像

不動産投資教科書

利回りの計算の仕方
  【利回りの計算の仕方】利回りとは投資額に対して収益(リターン)がどれほどあるかを測る尺度のこと。預貯金や債券、株式などの金融資産を運用する場合の一般的な用語です。不動産投資における利回りは、投資額に対してどれほどのリターンが得られるがを判断する指標になります。不動産投資においては、大きく分けて表面利回りと、実質利回りの2種類があります。 【表面利回り(グロス)】「表面利回り」は年間の家賃収入の総額を物件価格で割り戻した数字。維持管理費など、不動産の保有にかかるコストを計算に入れていないため、実質的な利回りとは異なります。対象物件を絞り込む際の目安として、最初の指標になり...

2021-05-15

READ MORE

Q&Aの画像

不動産投資教科書

Q&A
Q.一棟物件と区分マンションどちらがいいのでしょうか? A.どちらにもメリット•デメリットがあります。 一棟物件の場合は物件総額が高いですが、戸数が多いため空室リスクが軽減されます。一棟全体の管理運営は手間がかかります。区分マンションは、高級物件は別にして物件総額は抑えられますが、空室になれば収入が途絶えるリスクがあります。どちらの特性がご自身のお考えに合うかが重要になります。   Q.新築物件と中古物件のどちらがいいのでしょうか? A.価格だけでなく様々なポイントを比較してみましょう。 新築は価格が高い分、最新の設備等採用されており、耐用年数も長いため、当面メンテナンス...

2021-05-08

READ MORE

HOT ENTRY  みんなに読まれている人気ブログ

もっと見る

トップへ戻る